男性作業員

あまりお金がかからない

これからリフォームする場合に知っておきたい事は、様々なリフォーム事例を見ておくことです。リフォーム中を見ることにより、どれぐらいのお金になるかわかりやすいでしょう。ある程度大掛かりなものになる場合には、新築住宅を建てると言う選択肢もないわけではありません。しかし、リフォームをする方が予算が少ない可能性もあります。なぜなら、躯体自体をそのまま残すことができるからです。新築の状態とリフォームの状態の違いはそこにあるといえます。

ある程度好きな形にできる

リフォーム事例などを見ていくと、リフォームの特徴はもともとの躯体を崩すことなく行うわけですので、制限がかかる事は間違いありません。しかし、制限がかかったとしてもある程度自由にできるのが大きな魅力になります。例えば、建物の1部を増築するのも不可能ではありません。もちろんこの場合には、法律の制限も出てきますが、それさえクリアすれば誰でもできることになります。それに加えて、内装などはかなり自由にいじることができるでしょう。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームをする場合に知っておきたいことは、リノベーションとの違いになります。どちらも同じように認識されているものですが、この2つは微妙な違いがあります。リフォーム事例は、価値を新築の状態に戻すことを意味しています。そのため、そこまで大きな階層になる事は少ないです。これに対して、リノベーションの場合にはもともとの状態よりも価値を高めることを意味しています。もし、これから賃貸住宅として自分の家を貸す場合にはどちらが良いのか考えておきましょう。

どれぐらいの費用になるか

リフォーム事例を見ると、様々な費用になることがわかりますが、一般的な相場を出すのはなかなか難しいです。そこで、個別に見ていくと、例えば4LDKの住宅を想定した場合、まず壁紙を全て変更するリフォームの場合はおよそ20万円位のお金がかかります。壁紙の効果が非常に大きく、色やデザインを大きく変えることで全く違う部屋に生まれ変わるでしょう。暗い色だった壁紙を明るくすることで、家族全体の雰囲気を明るくすることも可能になります。次に、水回りのリフォーム事例を見ると、概ねユニットバスやキッチンなどは100万円位かかります。すべての水回りを新しくすることで、300万円位のお金はかかると考えて良いです。もし、水回りの場所を変更する場合には、その2倍位のお金がかかると考えておけば間違いありません。排水管と給水管を移動するためそれぐらいの費用がかかるわけです。それ以外にも、間取りの変更にもやはり1部屋あたり100万円位のお金がかかります。

広告募集中